スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビデオの内容・・・
2006年03月09日 (木) | 編集 |
前回の記事のビデオの内容が気になる方へ

誕生日にビデオを撮っていました。

元妻は、誕生日ケーキを前にして子供達の写真を撮っていました。
火をつける前、つけた所、消したあと。
子供たちが笑わなくなるくらい何枚も何枚も取り直したりして・・・
私が、「かわいそうだからもう止めたら」といってもまったく聞く耳持たずで続けていました。

少しして、子供たちがジュースをこぼしました。
元妻は、子供達に怒鳴り散らして怒っていました。

とこんな感じです。


元妻は、毎日こんな感じで生活していました。

長女は、元妻の顔色をうかがいながらの生活でしたので、自分の意見を言えない子供になってしまうんじゃないかと心配でした。

たぶん前にも書きましたが、元妻は、子供たちをほとんど公園にも連れて行かないで、部屋の中に閉じ込めていました。

元妻は、強迫性障害という病気だったのですが、私は、どうしても元妻の行動を理解してあげる事が出来ませんでした。


婚姻中の子供たちの本音

長女 「ママ大好き、パパ好き」

長男 「ママ嫌い、パパ大好き」



人気blogランキング(離婚)へ


スポンサーサイト
テーマ:出来事
ジャンル:結婚・家庭生活
アパートに引越す以前の話
2006年01月09日 (月) | 編集 |
妻は自分の両親と喧嘩したみたいで、長期間にわたって連絡を絶っていました。
(ほとんど絶縁状態)

私は、そんな事ではいけないと思ったので、「仲直りしたら?」と何度も言っていました。

そして、長女の七五三の日になりました。

お参りに行って帰ってきた時に、私の母が「赤飯を炊いたので妻の実家に持っていってね」と言ってきました。

しかし、妻は絶対に長女を連れて実家に行こうとしませんでした。

私は妻の言い分を通し実家に行く事を断念しました。

その後、私が仕事に行っている時に、事件がおきました。


[続きを読む...]
テーマ:別居・離婚
ジャンル:結婚・家庭生活
調停の時に提出した文面
2005年12月05日 (月) | 編集 |
第一回目の調停の時に、この文面を提出しました。

別居に至る前の状況

結婚7年目、子供2人(長女5歳、長男3歳)、初めのうちは、私の実家で暮らしていましたが、私の両親とうまくいかず、1年3ヶ月前からアパートで暮らしていました。

結婚生活の中で離婚の危機は何度かありましたが、その都度、私が性格を直すと言う事で乗り越えてきました。

私も、結婚当初は至らない点が多かったと思い反省して、今では妻と子供を一番に考えるようになりました。

私の性格で今でも駄目な所は、ケンカの時すぐカッとしてしまい、怒ると大きな声になってしまう所と、時間に正確すぎると言う所です。
しかし、家族を愛する気持ちは、かなりありますので、妻や子供の言う事を最終的に9割は聞いてきました。



近況

妻が私の仕事中に子供を連れて、私に何の相談も書置きも無くアパートを出て行きました。
長男(3歳)は、ちょうど泊まりに来ていて私の実家にいました。

妻の言い分としては、私が精神的暴力を振るうし、家庭をかえりみない、生活費が足りないのにお金をくれないなどを理由にしています。

しかし、精神的暴力は喧嘩中の出来事で、妻も私に対して「旦那が一家を養うのが当たり前だ、あんたの稼ぎが悪いからケンカになるんだ」、などと言われ屈辱を受けた事があります。
とにかく、妻は、ケンカになるとものすごく罵声を浴びせてきました。
このような感じでしたので、よく言い争いにもなっていました。

家庭をかえりみないと言うのは、仕事が忙しくて家に帰れない時がある、ケンカのたびに離婚すると言われるので帰りたくない時もあるからです。
それに、アパート暮らしをしてから妻は、朝食の用意をしてくれなくなりました。
私から、妻に大変だろうから、別にいいよと気を使っていた面もあります。
私は、朝食抜きでいつも仕事に出かけていたため、体重がかなり減ってしまいました。

生活費が足りないのにお金をくれないと言うのは、たまたま給料日前で、財布にお金が無かったと言う事と将来のことを考えての事です。
私は、まったくお金を渡していない訳ではなく、月に雑費3万を渡していました。(手取り収入26万円)
その他に、食費2~3万(生協代、銀行引落とし)、外食代月2回以上、昼食夕食の弁当代5回位を別の所から出していました。

米は私の実家からもらい、野菜もよく貰ってきていました。
私は、昼食代と小遣いで月3~5万使っていました。
しかし、お金が無ければ昼食代を食費にまわすので、お弁当を作ってくれればいいよと言いましたが、子供がいるので作れないと断られました。

妻は、私の実家を出てアパートで暮らしを始める時に、今より貧しくなってもいいから出たいと言っていました。
そして、自分も働くから大丈夫とも言っていました。
しかし、実際アパートに出てみると、やっぱり子供がいるので働けない、
自分の親から援助してもらうからと言って来ました。
その後、両親同士で話し合いをした結果、私の実家からアパート代を出す事に決定しました。
そこで妻が約束した事は、下の子が幼稚園に入ったら働くと言う事でした。
私は、アパート暮らしを始めてから貯金がどんどん減っている事に不安を感じていましたので、これではまずいと思い、少しでもいいから働いてくれないかと言いました。
妻はその話をするといつも怒り出して、子供がいるので働ける訳が無いと言って来ました。
私も、それは仕方が無いな事だと思いますので、来年になったらちゃんと働いてよと言っていました。
そこで、妻はこんな事を言って来ました。
「来年になったら働くのであれば、離婚して働いても同じだから離婚しよう」
これは、どういう事でしょうか?
私は、妻の考えが理解出来ませんでした。

妻は、今を大事にしたいと言う考えで、今がダメなら将来もダメと言っていて、私は将来のことを考えてコツコツとと言う考えなので、私とは反対の性格です。

私は、子供の事を考えて離婚はしたくないのですが、先日まで実家や携帯に電話しても本人と話すことが出来ませんし、長女にも会わせてもらえませんでした。
メールの返信も無しで、話し合いにならない状況で、いきなり調停に持っていこうとしていました。
しかし、その後、妻と少し話を出来るようになり、長女とも会わせてもらう事が出来ました。
会う事になったいきさつは、長女が会いたがっているから長男を連れてきてほしい言う事と、実家に帰ってからかかった費用18万5千円を払ってほしいと言う事からでした。
私は、勝手に出て行ったのですから、他に幼稚園代と学資保険も払っているので、そんなに払いたくは無かったのですが、長女がかわいそうなので、支払う事にしました。

その後、長女は私の実家に遊びに来る事になっていましたが、会わせてくれようとしません。
幼稚園の行事なども、私が来る事を嫌ってか、長女の体調が悪いからなどと言う理由で休ませています。


離婚した場合、子供は二人なので、1人づつなついている方を取るという事を決めたのですが、長女は、すごく寂しがっていて、長男と別れたくないようです。
しかも、アパートから小学校に通いたかったと言っていました。
その事を、「ママに言ってみたら?」と、私は長女に聞いてみました。
すると長女は、「聞けないから、心の中で思っているの」と言ってきました。
私は涙が出そうになりましたが、こらえました。私は、子供の事を考えて本当に離婚したくありません。
そこで、その事をメールで伝えましたが、まったくなしのつぶてで返信がありませんでした。
本当に子供の事を考えているのか疑問に思いました。

妻はこんな事も言っていました。「子供の前でケンカを見せるのは教育上悪いので、離婚した方がいい」
私の考えでは、片親になるのとケンカを見せるのでは、片親になる方が心が傷つくと思うのですが。




補足

渡しているお金が少なかったんじゃないの?と思う方へ
手取り26万 ボーナスほぼ無し
家賃6万4千円、幼稚園代(送迎、給食費含む)3万5千円、学資保険2万3千円 小計12万2千円
光熱費 電気8千円、ガス8千円、水道5千円、電話6千円 小計2万7千円
携帯2台8千円、プロバイダー4千円、CS代2千円 小計1万4千円
生協2万円、雑費+食費3万円、昼食費+小遣い4万円、外食費5千円 小計9万5千円
合計25万8千円
市から4ヶ月に1回2人で4万円貰ってました。そのお金はいざという時の為に貯金していました。
貯金していないと大変ですよね、病院代とか、冠婚葬祭や車検の時困ります。
アパートに出る前に100万円あった貯金は、1年間で60万円まで減りました。
ちなみに補足の補足ですが、生命保険代2人分1万8千円と車の保険代1万3千円、その他税金は給料から天引きされていました。


人気blogランキング(離婚)へ




テーマ:離婚
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。