スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の性格と行動
2006年03月22日 (水) | 編集 |
私の性格と行動

酒 ほとんど飲まない、付き合い程度

タバコ 毎日吸う

浮気 全く無い

借金 全く無い


人気blogランキング(離婚)へ

[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:別居・離婚
ジャンル:結婚・家庭生活
ビデオの内容・・・
2006年03月09日 (木) | 編集 |
前回の記事のビデオの内容が気になる方へ

誕生日にビデオを撮っていました。

元妻は、誕生日ケーキを前にして子供達の写真を撮っていました。
火をつける前、つけた所、消したあと。
子供たちが笑わなくなるくらい何枚も何枚も取り直したりして・・・
私が、「かわいそうだからもう止めたら」といってもまったく聞く耳持たずで続けていました。

少しして、子供たちがジュースをこぼしました。
元妻は、子供達に怒鳴り散らして怒っていました。

とこんな感じです。


元妻は、毎日こんな感じで生活していました。

長女は、元妻の顔色をうかがいながらの生活でしたので、自分の意見を言えない子供になってしまうんじゃないかと心配でした。

たぶん前にも書きましたが、元妻は、子供たちをほとんど公園にも連れて行かないで、部屋の中に閉じ込めていました。

元妻は、強迫性障害という病気だったのですが、私は、どうしても元妻の行動を理解してあげる事が出来ませんでした。


婚姻中の子供たちの本音

長女 「ママ大好き、パパ好き」

長男 「ママ嫌い、パパ大好き」



人気blogランキング(離婚)へ


テーマ:出来事
ジャンル:結婚・家庭生活
妻の手紙 2
2006年03月08日 (水) | 編集 |
前々回の記事、妻の手紙 DVの夫についての続き

注意・まだ「元妻のしてきた事」をお読みになっていない方は、すべて読んでからこの手紙を読むようにして下さい。


新婚当初から朝の起きる機嫌の悪さを、妻にケチをつけたり暴言をはいたり、なじったりしなければ起きられないのです。

例えば、(妻)私は妊娠中で主人の弁当作りをしているのですが、気に入るようにご飯をよそっても

「こんなに朝からくえるかー」もしくは、「少ねんだよー」

と大声で怒鳴る、おかずなども

「こんなにくえるかー」「なにもたもたしてんだよー早くしろよー」

と毎朝大声で怒鳴ります。


カレーを作ろうとしたところ、たまたま玉ねぎだけがなく

「玉ねぎ抜きのカレーでもいいよね?」

と主人にたずねると妊娠後期でお腹の大きい私に

「玉ねぎ抜きのカレーなんか食えるかー、今すぐ買って来い」

と大声で怒鳴るなど・・・


妊娠9ヶ月目の時に引越しをする事になったのですが、引越しの前日まで主人は一切手伝わず重度の妊娠中毒症だった私1人が毎日深夜まで20個分のダンボールの荷造りを全部やり、主人はパソコンを毎日やって

「まだやってんのかよー」

と言い、さっさと寝てしまいます。


その時の身体的無理がたたって結局1人目の子供は1ヶ月早く生まれる早産で未熟児でした。


まだまだ続きます。


人気blogランキング(離婚)へ

[続きを読む...]
テーマ:離婚
ジャンル:結婚・家庭生活
暴言について
2006年03月04日 (土) | 編集 |
スイカズラさんのコメントに対して

>>何気ない一言が言葉の暴力になってしまう。
>>相手の受け止め方の違いで、暴言に聞こえてしまう。

>これはまず、ありません。

私も無いと信じたい。
しかし、相手が嫌だと思うことを言ったら、それは暴言でしかありません。
相手が傷つく事を言ったら暴言なのです。
言い方一つで変わってしまう・・・
私は、大抵何を言われても平気なほうです。
聞き流します。

ですので、傷つきやすい人と気にしない人では、言い方によって違いが出てきます。

結論としては、スイカズラさんはまずありませんと言っていますが、無いとは言い切れませんのであしからず・・・


1・「あぶねぇじゃねえか。」
2・「あぶないですよ。」

どちらが暴言ですか?
どちらも、私にはどちらも暴言ではありません。
しかし、1は暴言と受け止めてしまう人もいます。
受け止め方の違いは、育った環境にも影響があるかも知れませんよね。

ちなみに、
「旦那が一家を養うのが当たり前だ、あんたの稼ぎが悪いからケンカになるんだ」
は暴言ですか?




親は子供を養う義務がある。
子供は、親の面倒を見る義務がある。
別れた妻に遺産相続の権利は無いが、子供たちには権利がある。

皆様は、知っていましたか?

子供達に会う会わないは、簡単な問題ではないのです。
成長過程を見守って、仲良くやっていかないと、何十年後かにとんでもない事になるかも知れません。

それだけは、避けたいのです・・・

私だけの事を考えているのであれば、養育費も支払わないでトンズラしますけどね(笑)

多分このような人って多いんじゃないですか?


人気blogランキング(離婚)へ

テーマ:夫婦の会話
ジャンル:結婚・家庭生活
妻の手紙 DVの夫について
2006年03月01日 (水) | 編集 |
離婚前の話

元妻は、私の言葉の暴力に絶えられなかった・・・

言葉の暴力?

DV?(ドメスティックバイオレンス)

私も、彼女も、そのような言葉を聞いた事がなかった。


結婚4年目に離婚騒動になり、私は、自分の行動を振り返り、ネットでいろいろ調べているうちに、自分は「DVなのか?」と思い、カウンセリングに行こうと決意した。
この行為は、私が考え出した離婚回避の手段でもあった。


カウンセリングには、3回ほど行ったが、元妻が「効果が出ないのであれば、お金がもったいないので辞めてほしい」と言い出した。

1回のカウンセリング料金15000円のところを、元妻は、1万円に値切っていた。


この時に、カウンセリングの先生に当てた手紙の内容を、書いていこうと思います。




注意・まだ「元妻のしてきた事」をお読みになっていない方は、すべて読んでからこの手紙を読むようにして下さい。




続きを読みたい方は、↓をポチッと応援よろしくです。
人気blogランキング(離婚)へ

[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。