スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別居後15
2005年11月05日 (土) | 編集 |
6月5日

昨日、友人に離婚問題の相談をしました。

友人は、親身になって相談に乗ってくれました。

そこで私が気付いた事は、妻が毎日子育てでへとへとになっていた事を分かっていたつもりでしたが、認識が甘かった事、妻の病気に対する接し方など、もう少し親身になって考えてあげられれば良かったと思いました。

妻の病気を早く治してあげなくてはいけないのに、私も意地になって引っ越す引っ越すと毎回のように言っていて、大変申し訳なかったと思っています。

妻の望んでいる環境が病気回復への第一歩である事、そこに気づいて上げられなかった、私の不甲斐なさに呆れました。

なんで私は、第三者に言われないと気付かない性格なのだろうか?

私は、私たち家族の事を真剣に考えて、適切なアドバイスをしてくれる良き友人を持てて幸せだと思いました。

妻の病気を治す為にはどうすれば良いのかを、妻と話し合って行けたら、もっと良い家庭、温かい家庭を築いていける、そんな感じがしています。

今回このような事になっていなければ、私の考え方は間違っていたと気付かなかったので、私と言う人間が、また一歩成長出来て良かったと思っています。

これからは、子供たちの事はもちろん、妻への接し方を今まで以上によりいっそう考え、自分を犠牲にしてでも変えて行きたいと思いました。


このサイトを応援して頂ける方は、ポチッとお願いします。
人気blogランキング(離婚)

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。