スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別居後26
2005年11月23日 (水) | 編集 |
9月6日

その後、妻にメールや電話をしたが一向に返事は返ってこなかった。

妻はこの前まで養育費は5万+学資保険代金では足りないと言っていたのに、養育費ゼロでどうやって生活していくのだろうか。

一時の感情で判断しているとしか思えない。

私は、養育費を払う事は拒んでいない。
当然の義務であると思っている・・・




9月8日

妻にメールを出すが、やはり返信は無かった。




9月10日

妻にメールを出すが、一向に返信はない。

「長男を1週間という約束で妻の実家に泊まらせていたので、明日迎えに行きたい」と母が妻の実家に電話した。

義母が電話に出たらしく、その時に「長男を帰す事は出来ない」と言われた。

母は、義母に対してこのように言った。
「近々、老人ホームに入所している私の母の家族の集いに、孫も出席する事を申し込んでいるので帰してほしい」

それに対しての、義母の返答があまりにも冷たかった為に、母は、がっかりした様子だった。

義母は、理屈で物事を解決しようとする人で、人情味に欠ける部分があるらしい。

私は、調停や裁判で決着が付くまでは、子供たちの面会や婚姻費用などについては、ルールを守って行動してほしいと思った。

義母はこんな事も言っていたらしい。
「この間の○○さん(私)と○○(妻)との、メールのやり取りの内容を信じる」

これは、どのメールについて言っているのだろうか?

「長男の監護権を高校生まで妻方にする」と言う内容のメールの事であろうか。
それとも、「養育費ゼロで、子供達に面会しない」と言う内容のものであろうか。

前者の場合は、私が一方的に送ったもので、妻とメールのやり取りは行なわれていない。

後者なら、メールのやり取りではなく、電話でのやり取りになる。

一体どちらの事を言っているのであろうか。

どちらにしても、一時の感情であって、私の本心から出た言葉ではない。


人気blogランキング(離婚)へ

スポンサーサイト
テーマ:離婚
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
初めまして!
同じタイトルのブログを見つけたので飛んできてしまいました(笑)
しかも男性側からの離婚。
興味深く読ませて頂きました。

うーん大変そうだ。
私の元夫は子供が出来て逃げたから、幸い?子供のことでは争わなくてて済んだけれど、
にんのすけさんはお子さんを愛しているだけにつらいですね。
気になるのでまた来ます☆
2005/11/25(Fri) 01:34 | URL  | ミネコ #lJ80wi4M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。