スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暴言について
2006年03月04日 (土) | 編集 |
スイカズラさんのコメントに対して

>>何気ない一言が言葉の暴力になってしまう。
>>相手の受け止め方の違いで、暴言に聞こえてしまう。

>これはまず、ありません。

私も無いと信じたい。
しかし、相手が嫌だと思うことを言ったら、それは暴言でしかありません。
相手が傷つく事を言ったら暴言なのです。
言い方一つで変わってしまう・・・
私は、大抵何を言われても平気なほうです。
聞き流します。

ですので、傷つきやすい人と気にしない人では、言い方によって違いが出てきます。

結論としては、スイカズラさんはまずありませんと言っていますが、無いとは言い切れませんのであしからず・・・


1・「あぶねぇじゃねえか。」
2・「あぶないですよ。」

どちらが暴言ですか?
どちらも、私にはどちらも暴言ではありません。
しかし、1は暴言と受け止めてしまう人もいます。
受け止め方の違いは、育った環境にも影響があるかも知れませんよね。

ちなみに、
「旦那が一家を養うのが当たり前だ、あんたの稼ぎが悪いからケンカになるんだ」
は暴言ですか?




親は子供を養う義務がある。
子供は、親の面倒を見る義務がある。
別れた妻に遺産相続の権利は無いが、子供たちには権利がある。

皆様は、知っていましたか?

子供達に会う会わないは、簡単な問題ではないのです。
成長過程を見守って、仲良くやっていかないと、何十年後かにとんでもない事になるかも知れません。

それだけは、避けたいのです・・・

私だけの事を考えているのであれば、養育費も支払わないでトンズラしますけどね(笑)

多分このような人って多いんじゃないですか?


人気blogランキング(離婚)へ

スポンサーサイト
テーマ:夫婦の会話
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/06(Sat) 00:09 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
下記のURLをご覧下さい。h

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212906692?fr=rcmd_chie_detail

扶養の義務について書かれています。


2009/05/05(Tue) 11:42 | URL  | にんのすけ #-[ 編集]
昔の記事にコメントしちゃいますが
親は子供を養育する義務がありますが
子供が親の面倒をみる義務はありませんよ~
極端に言えば
親が子供を捨てたら罪になる
子供が親を見捨てても罪にはなりません
2009/01/16(Fri) 21:01 | URL  | ひめ #-[ 編集]
負けないで
とおりすがりさんの仰る事にも一理あると思います。
だけど、子供に愛情があるのに
子供に会う事すら許されないのはおかしい。
そのチャンスすら奪われるのは悲しい事です。
現実には養育費を払わずトンズラする人も多いんだから。。
にんのすけさんはそうじゃない。だったら会う権利くらいあってもいいんじゃないかなって思いました。長々と失礼
2006/03/18(Sat) 14:51 | URL  | numb #-[ 編集]
多分あなたが奥さんの事を理解してあげられる日は来ないんでしょうね。残念です。
子供は小さくても色々分かってますから、この人は父親サイドに居る人だと判断すれば「ママ嫌い」と言うと思いますよ。
か、あなたにそれを伝えた方が遠慮したのかも知れませんね。

自分を正当化するばかりでは、あなたの中の何も変わって行かない事でしょう
あなたに真実を教えてくれているコメントがたくさんあるのに、それに耳を貸せないのはもったいないですね
2006/03/17(Fri) 11:19 | URL  | 優 #1jTf6uVA[ 編集]
優さんへ

>お母さんの前では逆の事を言っていると考えた事はありませんか?

ありますが、誰が聞いても嫌いって言うと言ってましたし・・・



息子がママの事が嫌いになった理由

・いつも子供たちを叱ってばかりだから
・家の中に居るだけで、遊びにつれて行かないから

大きな理由は、この2つです。

今は、保育園に行っているので、嫌いって事は無いと思いますが・・・

2006/03/16(Thu) 23:21 | URL  | にんのすけ #oXISqzO2[ 編集]
横レス失礼します。
私はこの、スイカズラさんという方が言っている事は当たり前の事のように感じますが…
それに対するにんのすけさんの意見が良く分かりません。読んでも読んでも理解出来ませんでした
全部を読まないから理解出来ないのかとも思いましたが、多分この記事が「あなた」という人の全部を語っているようにも思います。
他の記事も少し目を通してはみましたが変に納得してしまいました。
あなたのような父親に会わなければならないお子さんたちが気の毒に思えてなりません。
モラハラもDVも被害者の方は加害者と連絡を取らなければならないのは精神的に辛いものがあるのではないかと思います。
お子さんたちと過ごしているお子さんたちのお母さんは別れてからも「あなた」というストレスに晒されていかなければならないんですね
お子さんの為にお子さんのお母さんを精神的に自由にしてあげた方がいいんじゃないかと私は思います。
お子さんはママ嫌い、パパ好きと言っているとどこかに書いてらっしゃいましたよね。
お母さんの前では逆の事を言っていると考えた事はありませんか?
お子さんはお母さんをいじめるお父さんが怖くて無理してそう言っていたのかもしれません。
子供には母親は必要です。あなたより良い人…というか普通の父親はこの先見つかるかもしれませんしね。
たとえ、違う男性が我が子の父親になろうとも、それでも構わない。私が愛する我が子に遺産を残したいのだから。
そんな風に思える人にはあなたはなれないのでしょうね。

初めて訪れて長くなってしまってすいません
皆さんのコメントを反論しないで受け止める事も必要だと思いますよ
2006/03/16(Thu) 22:57 | URL  | 優 #1jTf6uVA[ 編集]
にんのすけさんへ
私がにんのすけさんの子供なら、将来、きっと、こういうでしょう。


我慢強いということは、痛い思いを「受け止めて我慢する」ってことじゃないの?
受け止めてないじゃない。
おかあさんが悪いって言って悪者にして、自分が反省することから、逃げてばかりいるだけじゃない。
自分に甘いだけじゃない。

「自分の世話をしてもらうために、お前を育ててやるんだ」
そんな考えを持っているなら、見返りを期待して育てるつもりなら、そんなあなたに育ててほしくはない。



にんのすけさんの痛みは分かりません。
だけど、子供として、にんのすけさんを見たとき、
にんのすけさんに育てられたら、私はきっとそういう気持ちになるだろうと思います。
昔、そういう気持ちを持ちましたから。


けんかになって・・・・どうしましたか?
2006/03/08(Wed) 11:29 | URL  | とおりすがり #CBMJQtj6[ 編集]
皆様コメントありがとう。
とおりすがりさんへ

何を言われても平気・・・
我慢強いって事ですよ。

とおいすがりさんは、他人の痛みが分かるなんて凄いですね。
痛みの度合いは、結局本人しか分からないんですよ。
貴方には、私の心の痛み(傷)が分かりますか?
当然分かってて書いているんでしょうけどね。

背景・・・
たしか、このまま行くと1年後には貯金を使い果たすから、パートに出て欲しいって言ったらケンカになって・・・

2006/03/07(Tue) 17:26 | URL  | にんのすけ #udixdWvs[ 編集]
何を言われても平気・・・それが・・・
痛みを共有できてない。ということです。

DV、モラハラは、相手の痛みを共感できないところから始まります。

殴られて「痛い」と思うだろうな。と思えないから、殴るんです。
それが、DVです。

言われたら、「つらいんだろうな」。そう思えないから、暴言を吐くんです。
それが、モラハラです。

厳しいようですが、上の文章は、すべて、自分が正しいんだと訴えている(正当化している)文章に聞こえます。

正当化をやめてみてください。

「旦那が一家を養うのが当たり前だ、あんたの稼ぎが悪いからケンカになるんだ」

元奥さんに、そこまで言わせた背景がどこかにあったんじゃないですか?

元奥さんのことを、「傷つく方がおかしい」そう思っている限り、分かり合えないんじゃないかと、そう思います。
2006/03/07(Tue) 10:19 | URL  | とおりすがり #CBMJQtj6[ 編集]
そうですね
私も離婚後、にんのすけさんのように子供に会いたがる父親なら会った方が良いと思います。
きっといい結果になると思います。
離婚は夫婦間の問題で、子供に対しては愛情が冷める、なーんてあり得ないはずです
が、私の元夫のように女房憎けりゃ子も憎い見たいな男が多いのもまた現実(涙)
うまくいきませんね、現実は。
2006/03/04(Sat) 20:37 | URL  | ミネコ「離婚日記」 #lJ80wi4M[ 編集]
はじめまして。
ついブログの名前にひかれいろいろ記事を拝見させてもらいました。

子供達に会いたい
良いお父さんだと思います。ブログの題に子供達に会いたいとつけるなんて。また、拝見に来ます。深夜遅くすみません。
2006/03/04(Sat) 03:22 | URL  | こころち~ #nL6A2.tM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。